教育

本の並べ方

「情報検索の技術」という科目を担当しているのですが、普通に検索するだけならググれ、あとOPAC使え、で終わりかねないので、11月は主に図書館の仕組みや使い方について教えてみた。

本来専門ではないが、門前の小僧で、図書館情報学概論的な書籍の内容はおおむね理解しているので、ざっとその手の本を流し読みして講義である程度教えてみた。

NDC、10進分類法あたりの話とかね。

で、ふと思ったので課題として「図書館と書店とブックオフに行ってみて、書籍の並べ方がどう違うか観察してこい」っていう課題を出してみたんだが、なかなかみんないい観察をしてきて、なかなか面白い。

ついでだったので実習課題として、図書館で配架してこいっていう課題なぞ出してみたりしたのだった。

学生にはどの並べ方が優位か、というような議論はなく、ここはこういう並べ方をしていて、それは何故か?という事を考えて貰ったんだけど、どうもNDCの話していると、愚痴っぽくなるというか何というか、なまじっか利用しているだけにイライラする事が多い自分に気づく。

まあ最大のあれはそれだ、だってコンピュータの本が0と5に別れるんだもん。っていうのが最大の苦情なんだけど。

結局、NDCって根本的に近代的(現代でないという意味で)なのが問題なんだろうなあ、知識が階層的に存在するというまあある意味暢気な近代モデルに立っていること、書籍の出版量と分類の粒度が必ずしも現代のソレと一致しないこと、等々。

Amazon→opacを使ってんのは、Amazonのユーザビリティが高いという問題もあるが、少なくともコンピュータ関連書籍を探している限り、Amazonの分類方法の方が便利だ、というのが事実なのではないかと思う。

じゃあ図書館がそれに合わせればいいじゃん、という話になるかというとそうではなくて、おそらく図書館は書店と違ってアーカイブ機能があるため、歴史的な分類の一貫性が必要となり、無闇に<棚を作る>のは避けた方がいい、という話が結構大きいんじゃないかと思うのだった。

とか思いつつたまに読んでるblog見てたら、

「デューイ十進分類法を採用しない図書館,議論の的に」

http://current.ndl.go.jp/e677

さすがアメリカというか何というか。図書館業界の皆さんの抵抗感はすごく良くわかるけど、でもさー、多分この図書館使いやすいよ?

あと、部類体系そのものの国際化を図るという話なんかも出てるのか!という話題

「デューイ十進分類法、スウェーデン国立図書館が導入」

http://current.ndl.go.jp/node/9744

どっかでNDCとデューイ十進分類の関係とか議論されてたりするのかしら。されてんだろうな。

図書館は管理番号付与の方法と配架の方法を分離してもいい時期なのかもしれないなあ。その上で、物理的な配架場所ブラウジングをちゃんと離れた棚に対しても可能にするユビキタスUIとかが欲しいような気がしてきた。

ニコ動に公式チャンネルをつくりました

最近自分の事をあんまり書いておりませんが、うちの大学でニコ動に公式チャネルを作ったんで、ご興味あるかた、どうぞ。

http://www.nicovideo.jp/tag/kaetsutv

次回は加藤先生の気になる子ちゃんの予定です。(うそです)

kaetsu.tv

自分の勤務先を堂々とアピールしたいのかどうかよく分かりませんが、まあ隠してても仕方あるまいということで。

勤務先では同僚たちがこんなことをやっております。

http://kaetsu.tv/

カトカンにニコ動で突っ込めるよ! 以上!

人は見た目が100%でありモテたくて惚れたいのである

http://d.hatena.ne.jp/mamiamamiya/20080717

また雨宮blogに素敵な事が書いてあったのでそれについて思うことなど。

以前も何かにつけ書いた事があるような気がするが、私の信条として

「人は見た目が100%」

というのがあり、なんとかそれを教員として学生にうまく伝える事ができないかと思うことがあります。いやおまえそのツラでそのちょいメタボで言ってんだと思われますので具体的な方策は考えてないんですが。

まあそれにしてもさ。「人間は内面」とか言ったってさ、外見以外の何から内面知れっていうんだよと。そんでもってまた、外見「だけ」取り繕っても内面というか外見とセルフアイデンティティとの間にある程度バランスが確立されてないと、間抜けなだけですよねと。まあ間抜けなのも可愛いって考え方もあるが。

ヤンキーテイストは個人的には嫌いだが、ああいう外見をするのはそれはそれで内面を伝えるためのメッセージを採用しているわけで、他者の視線に対する鋭敏さという意味では真っ当な態度であって、問題は誰にどう見られたいのかっていうあたりの感覚のところであろう。(潜在的なモノを含む)仲間内以外からどう見られたいんだよあんた、的な問題。

まるで外見に気を遣っていないんですよー、というような「げんしけん」の斑目が咲ちゃんに言われる前の状況のようなオタク的な外見というのも、「秋葉系」という言葉ができちゃったりカテゴライズされたりすることから分かるように、外見に気を遣わないというのも含めて内面をメッセージ化してしまうわけですよね。それで買ったジャケットがアキバ専用服になるのが可愛いんだけどあれは。>斑目

というようなのは、長年たぶんお洒落だと思って人生生きている姉に思春期にかなり指導されつつ、鉄道研究部とかオタワールドにきっちり遣っていたあたりから今現在に至るまでのマイライフの反映であるわけで。

モテたくて(by 天久聖一)の意味をすごく広く取ることで、「他者からの視線によってのみ社会的存在としての自己は構成される」というテーゼを割とシンプルに伝えられると思っているのですが、「モテたくて」を読んでそれを考えろと言っても無理な気はするのだが。

モテたくて…


「モテたくて」が重要なのは、最後の方が「惚れたくて」になるっていう事でもある。単にホメ殺しじゃねえかという話はあるが、「モテたくて」=他者からの視線に対して真摯に対応する、なのだとしたら、「惚れたくて」=他者の外見的メッセージに対して徹底的にポジティブな読解を、誤読であろうが何であろうがやる、というかなりアグレッシブな態度表明を行っている事ではないかと思う。

「好みのタイプ」を探しているよりは、「相手の中で自分が好みなところ」を探した方が幸せになれるような気がするじゃないですか。

というようなあたりは生きる上で重要な態度だと思うんだけどな、と良く思うのでできればうまく後輩たちに伝えたいモノだなと思うんだけど、上下関係が存在する場所で言うにはなかなか Politically Incorrect な表現になってしまいがちなので、難しい。

で冒頭に戻って雨宮blogだけど、すごくいいなと思ったのが「この人の書いていることは、必ずしもモテや恋愛のことじゃなく、鬱病だらけの世の中をサヴァイブする知恵、みたいなことなんじゃないかと思う。」っていう一文。

僕は女子じゃないし、そもそも蝶々さんの本読んでないから僕自身が直接どう感じるかは分からないんで、女子学生に勧めるかっていわれたあまりにキモすぎるのでしませんけど、例えばむしろ10代男子は読むとすごい勉強になることが書いてありそうな気がするんだよな。

もちろん自分の関わった人が中身のない人には成って欲しくないけれど、「人は内面」だなんて無責任な事を僕は言いたくないし、外見だけに振り回されるのも内面しか考えないのも鬱への道に一直線って感じでお勧めできないと思いました。

それこそ「死ぬほど」外見は重要なんだけど、その重要さってのはそんなに悪い事じゃない、僕たちが社会性を持っているっていうのはそういうことなんだよ、っていう事が伝えられるといいな、と思いました。

この手のメッセージを書いている時の雨宮まみblogは本当に素敵だと思いました。

「思いました」文体

なんかすっかりエセ教育者blogみたいになっておりますが、まあ許せ。

大学一年生とかに文章書かせると非常に気になるのが、「思いました」文体。全パラグラフの最後が「...と思いました」って終わってる感じのやつ。

どーもこの文体に違和感を感じるのだが、何故なんだろうと思いつつお休みで鉄道ファン読んでおりました。

鉄道ファンという雑誌、客層故なのだろうが、ティーンエイジャーの旅行報告を載せてることが多いんですよね。で、これが見事に「...だと思いました。」で終わる文章率が非常に多い。

というか、たいがいの読者投稿欄系で10代が「丁寧な文章を書く」と、過剰に「思いました」文体になる事が多いように見える。

たいがいの論旨展開は、

「...という事がありました/...という事を見ました」→「(私は)...であればいいなと思いました」

まあ一応、事実認識→提案ではあるんだろうけど、たいがい提案の手前に何の検証もないあたりがなんとなく不思議なんだろうか?

そしてまあいつも槍玉にあげるわけだが、やっぱり全般的に日本人の文章とか論理思考のガンは、「読書感想文」と「修学旅行の感想文」と「日記」を「感想」として書かせる事に由来しているのではないでしょうか。

どうしてそう思うのか、そう思うことの妥当性がどれぐらいあるのか、といった論理展開を引っこ抜いて、「なんかこうだった」「なのでこうだと思った」っていう2stepしかないの。だから、「と思う」程度の軽さでしか主張ができない。

何とかなんないのかね。

とはいえ、軽い文章なら別に「思いました」で終わってもいいんだけど、せめて全パラグラフが「思いました」で終わらない方がいいんじゃないかと思いました。

学生指導のコスト

今時blogとかに書くと問題になったりするかもしれないのですがとある学生さんたちとのやりとりを通じて思ったこと。

大学にて風采で言えばギャル男的な格好と表現すると通りそうな、素行の悪い学生がちょっと困ったことをしていたので注意してみたんだけど、まあ素行が良くないと認識されるぐらいなので素直に聴くわけもなし、非常に威圧的かつ「はいはいXXXしとけば先生は満足なんでショー」的な反応をされる。

ま、それはその場限りのことなのですが、こういう事があるといろいろ考えてしまう損な性分なのでついいろいろ考えてしまう。

で、まあこの学生固有のケースはともかく、これをケースとして考えたいろんな帽子を使った思考の例。

  1. 教員として: よくよく考えてみると碑文谷教授の「怒らせ方」みたいなイラだたせる応答が(結果として)できているというのは、要するに脳みそを要らん方向に使い続けているということで、上手く指導したら割と活力ある、っていう言い方も可能な方向にもっていけんのだろうか。
  2. 大学運営者として: 学生とは言え徒党を組んで他の学生教職員に対して威圧的な態度に出るというのは、運営上より深刻な問題が発生する可能性があるので早期に対策を取る必要がある。
  3. 個人として: ああいう時どうもうまい反応が返せないんだよなー。言い返してもしょうがないけど、自分的にしてやったりみたいな面白い切り返し方やスマートな応答がとっさにできないのはなんとかならんかな。修行がたりん。
  4. 大人として: 子供の相手すんのってかったりーなー。
  5. 経営的立場として: というような事を教員がうだうだ考えて明日の授業準備をしていないというのは、つまりダメな学生のためにやる気のある学生に割くべきリソースを取られていると言うことで、コストのかけ方が非常に悪い。とても悪い。

というわけで明日の授業準備をしたり寝たりしたいと思います。

なお関係者の方でこのエントリは消した方がいいんじゃないか、などのアドバイスがありましたらよろしくお願いします。心配なら書くな>オレ

  • ライブドアブログ