海外旅行

大連に行ってきた(2) - 中山広場にて

前回上海行った時からなんかおかしいと思ってたのだが、Google Map の中国エリア、地図と衛星写真がずれている。GPSのログデータと一致するのは衛星写真なので、地図データがズレているとしか思えない。

中国の測地系が世界測地系とズレてるってのはまあ普通にありそうだし、別に殊更中国が悪いわけでもないのだが、Google Map は原則世界測地系なわけで。Google Map 側で地図データに何らかの補正か変換をかけるべきなんじゃないかと思うんだけど、なんでやってないんだろう? 法律で中国の測地系はXX、とか決まってる可能性もあるしなあ、とかいろいろ考えてみるが、正解は何なのか誰か知っていたら教えてください。

というわけでせっかくPicasaがMaps連動して表示してくれますが、だいたい2-3ブロックぐらいは余裕でずれてるので、そういうもんだと思ってください。以下の写真は中山広場のど真ん中で取ったモノで、衛星写真で見た方が正しいです。

というわけで満鉄館行く前に散歩した中山広場。これはなかなか感動しました。後ろににょきにょき高層ビルが建ってるとは言え、写真で見た昔の大連大広場そのまんま!

横浜正金銀行(現横浜銀行)大連支店が!

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

ヤマトホテルが!

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

すげー。あまりにもそのままだ。

ヤマトホテル、じゃなくて大連賓館は50元で見学できます。ここも僕一人に日本語できる案内員が一人ついてくれました。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

ヤマトホテル屋上から。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

実に興味深い。

大連に行ってきた(1) - 満鉄を見てきた

木曜日から月曜日まで、大学のお仕事(のハズ)で大連に行ってきた。(2)以降があるのかどうかわからないが、とりあえず(1)。

大連と言えば満鉄(南満州鉄道、みんな満鉄パシナは知ってるよね!)であるので、大連満鉄旧跡陳列館なるものがあることを知ってしまったら行かないわけにはいくまい。

実はネット上の情報が少なかったのでまず施設紹介を頑張って書いておくよ。

以前は限定公開だったそうなんですが、2009/8/1から一般公開されて、公開時間ならいつでも誰でも入れるようになったそうな。

開館時間: 8:30-11:30, 13:00-16:30

電話(直接): 62628054

電話(日本語OKだって): 13840936879

って玄関に書いてあった。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

場所は中山公園から、魯迅路を5分ぐらい行って世紀街とぶつかる手前あたりです。路面電車だと大連駅前から5つめの世紀街の停留所降りて2分ぐらい。大連鉄路局(旧満鉄本社ビル)の、鉄道関係の組織が入ってる建物の片隅にあります。住所がわからんが、地図でポイントすると、ここの大連鉄道有限責任公司があるのと同じ建物だと思う。

建物はコレ、に厳密には写ってないけどこの建物を含む、広場の右側。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

旧満鉄経営時代からの車輛を徹底修復したレトロ路面電車に乗って、旧満鉄の施設に行けます。すごいぞー。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

入場料は50元です。結構取るなあ、と思ったけど、僕一人に日本語が喋れる案内の人が一人ついてきたので、まあそんぐらい取ってもいいかなあと思った。

見れるのは、写真パネル展示のある部屋と、旧総裁室とそのとなりの秘書室、金庫、お土産店。

撮影禁止だったのでとりあえずホールの写真でも。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

施設全体、なんでも最近各所で使ってた机だの椅子だのを引っ張り出してきたら普通に揃っちゃいました、みたいな感じで妙にリアリティのある調度品類が揃ってて、なかなかイけます。

旧満鉄の案内とか看板とかも、パネル室に展示してあって、なかなか感激。パネルの写真は正直、軽く満鉄マニアな私にはさほど目新しいものはないんはいえ、鞍山製鉄所とか周辺事業も含めて、満鉄の概要を説明員つきで紹介してくれるので、割と楽しめると思います。

当然ながらパネルには、微妙に「植民地支配の圧政を暴く!」みたいなのも含まれてるんですが、日本人に説明するのが面倒くさいのか、説明員のかた方、軽くスルーしてました。

あと、機関車の説明、一個逆に説明していた(機材名はあってるけど、輸入機と国産機の説明が逆だった。)。

お土産屋は、旧満鉄ロゴ入りの本物の食器類だのバッジだのが売ってる。というか、本物しか売ってねえ。レプリカグッズとか売ってません。

ところで、実はここに行くのに一波乱ありまして。。。

地球の歩き方を見たら満鉄の話が載っていて、これは行かないわけにはいかない。と思ったんだけど、開発著しい国の旅行ガイドにありがちな事態として、現状と大分ズレてしまっているようで。

まず、「大連東北国際旅行社」に申し込まないといけない、と書いてあるんで調べたんだけど、地球の歩き方に書いてあるURLは潰れてるわ、電話かけたら番号ありませんと言われるわで、問い合わせようがなかった。倒産か?とか思ったが、結論としては素で全部変わってたせいらしい。

致し方ないので、ダメ元で、中山広場への散歩ついでに直接、地図に書いてあった場所に行ってみたんですよね。そしたら空いてた。聞いてみたら、前述の通り8/1から一般公開したとのことで、結論としては直接行ってもOKでした。

別の場所に、あじあ号の流線型機関車として有名なパシナ型機関車もあるとガイドに書いてあったので、陳列館のみなさんが日本語できるのでついでに見に行けないか聞いてみたんだが、こちらの方は一般公開はしてないそうで、大連東北国際旅行社に問い合わせが必要とのこと。で、現在の正しい電話番号を教えてもらった。

電話かけてみたが、日程的にガイドしてくれる日が無理らしく、致し方なくあきらめる。

後で、詳しい案内でも聞けないかな、と思って、大連駅横の大連東北国際旅行社のオフィスに直接行ってみた。

というわけで現在の正しい「大連東北国際旅行社」の連絡先は、

http://www.dlne.com.cn/

Tel: 39902007 (日本語OK)

だそうです。中国、どこからが市内局番なのかさっぱりわからないのなんとかならないんでしょうかしかし。

とはいえ、このサイトからリンクされている日本語の先は結局地球の歩き方に載っている、潰れたサイトなので、中国語の情報しかありません。電話は日本語OKです。メアドも聞いてきたんですが、新人さんがカタコトの説明ついでに個人アドレスを教えてくれたので、ここには書きませんが。

送信者 2009/09/10-14 中国 大連

パシナ号は大連空港近くの庫にあるとか。次回大連訪問の機会があったらは、送迎ついでに見せてくれるように頼んでみようと思う。

あとそういえば、旅順は最近外国人に全面開放されたらしい。けどまだ、公式に個人ベースでも行っていいのか行ってよくないのか分からないらしく、現地案内してくれた中国の先生が混乱気味だったので、とりあえずこちらも次回行けたら行こうと思います。

ハノイで国際ローミング

半年ほど来てなかったので、VIETTELのSIMが有効期限切れちゃいまして、まあ次も三ヶ月ぐらい来る予定ないし二日だけだし、今回はローカル電話買わなかったんですが。

iPhoneでローミング中。ネットワークは VNM and VIETTEL (@空港)。DoCoMoも Au もとりあえずここはVIETTELで行くようだ。

DoCoMoでローミングしている人とお互いにかけてみたんだけど、DoCoMo → Softbank は発信者番号通知が効くんだけど、Softbank → DoCoMo は効かない。ローミング中の発信者番号通知は微妙だなあ。。。

GSMな上に基本的にインフラ貧弱なのにユーザが多いので、通話品質は大分低いんだよねー。ローカルSIMで使ってるときはそれでもまあ別に腹立たないけど、高いローミング料金払ってエコーしまくったりすると大変微妙な気持ちになりますな。

ハノイでローミングで一番便利なのは Willcom かもしれない。H先生がもってきてたんだけど、ローミングすると現地番号がもらえるらしい。それは便利だよね。まあつながりさえすれば GSM より無線区間の音質は確実にいいし。

そういえばiPhoneって、電話帳の頭に国際電話Prefix+81つける簡単な方法ないんでしょうか。

ガウディ祭り

そういうわけで今日はバルセロナ観光。本日のまとめ:ガウディって...

駅横のホテルなのでSants Estacioにまず行って、明日のAVEのチケットを買って、ついでに朝ご飯。

地下鉄で移動して旧市街へ。コロンブスの像を眺めて、大航海時代(KOEI)に思いを馳せる。

あと旧市街ふらふらする。カテドラル横の歴史博物館は、王宮横の邸宅を発掘したら出てきたローマ時代の遺構を地下一階にそのまま展示してあって、なかなか面白い。ワインとか漬け物用の丸い陶器樽の残骸とか、水道の跡とか。どうやってこの上に建物立て続けたのかむしろ不思議になる。

サンタ・カタリーナ市場併設の Cuines Santa Caterina でお昼。まちょっと歩いて、一世紀前の変な建物(カタルーニャ音楽堂、愛称假屋崎)、トラム乗ったり水道局の最新変な建築(トラ・アクバル)外から眺めたりした。

で、メインイベント、ガウディ巡りということで、サクラダ・ファミリア→グエル公園→カサ・バトリョ。

いや−、圧倒。一言でまとめると、「有名だからなめてたけどすごかった」。資料からの想像の範疇を超える、実物見ないと分からない質感・量感。この年にして、実物を見て驚くってなかなかできないと思う。

単に装飾的でゴテゴテしたもの作るんじゃなくて、どんどん洗練させてって、「形態のもつ意味」をかなり突き詰めた上であの規模のものを作ってるってのがなんかもうどうなっちゃってんのよ、と...。特にサクラダ・ファミリアの構成言語は、モジュラリティと乱数の利用する感じが所謂モダニズムと別種のモダンさを感じさせてとても不思議。森を意識した教会というのは、ありふれた表現ではあるが、一神教の寺院なのにむしろ密教寺院のような感じさえしてくる。

とまあ、ガウディはかなりびっくり。

タパタパという魅力的な店でタパスを軽く食べて、地下鉄で移動してパラレルのフニクラの駅が閉まっているのを確認して残念な気持ちになったあと、メイン夕飯は Elche でパエリア。

スペイン人は一日5回ご飯食べるというので実践してみたけどとりあえず最後にパエリアはやりすぎ。くいすぎ。

とりあえず今日の食べ物は全部美味しかった。観光も面白かったし、バルセロナ当初の悪印象はとりあえずキャンセル。

まー一日で回れるような街じゃないよねー。特に建物好きなら数日なきゃ見切れないよな−。

バルセロナについて散々な感じ

しかしハネムーンなのに広いからってお互い関係ない席3人分占領して寝続けてるのはいかがなものか。

2/27 21:05 LH4464 FRA-BCN A321

だいぶ朦朧としたままついた。サンドイッチが出た。朦朧としていたので勝ったばかりのロンリープラネット置いてきたような気がする。

ついてからが散々だった。

荷物が出てくるのにずいぶん時間がかかる。出てきたのはもう23:30とかそんなの。

インフォメーションで「終電もう行っちゃった?」と聞いたら、まだあるような事を言うので、3分ぐらい連絡橋を歩いてRENFEの駅に行ってみたらもう終わってた。空港ビルに戻る。

空港バスに乗ろうとして、バスのチケットを自販機で買おうとしたら、5ユーロぐらいコインを吸い込まれて戻ってこない。クレカは通ったので買ったけど。しかも結論としては自販機で買う必要はなくバスで買えばよかった。。。

空港バスの運転手に文句言ったけどまあ英語で伝わるわけもなく。しかも、乗るときちゃんと「Santz駅まで行く?」って聞いたのに、途中のカタルーニャ広場で終点と言われておろされる。

土地勘ないままおろされたのであたふたしていたらケチャップが背中についていると言われる。うわあべっちゃり。バックパックについてないんだから、バス降りてからつけられたんだよなあ? ケチャップ泥棒? まあ何も取られてなかったのが不幸中の幸いなのだろうか?

なんか疲れたので我慢してタクシーに乗ってホテルへ。だったら空港からタクシー乗るよ...サンツ駅の近くのEXPO Hotel。

今日は週末なのでクリーニングはお休みだそうです。やれよ!

とまあ散々な感じでバルセロナの印象現在げんなり気味。

写真家デビュー

写真家デビューしました。

NHK夢の美術館―世界の名建築100選
NHK夢の美術館―世界の名建築100選
クチコミを見る


いや、なんかこのまえ知り合いに、バンコクのワット・アルンの写真持ってる人知らないって聞かれて、持ってたから渡したんですよPicasaで。

お世辞にも天気も露出も微妙だし、そんなにいい写真でもないと思ってたんだけど、載ってるよそのまま本に!クレジットも書いてあるよ!

ワット・アルン


今日献本していただきました。そういうわけで対価ももらったので写真家デビューしたと思うことにしました。
  • ライブドアブログ